当協会について
組織概要
名称   一般社団法人 日本社会基盤安全技術振興協会 (あんしん協)

設立   2018年4月(平成30年)

会員数  法人会員:23社 個人会員:34名  2020年1月現在

所在地  〒140-0013 東京都品川区南大井五丁目27番4号

連絡先  03-6404-9680

代表理事 長岡康之


設立趣意書
このところ、“ものづくり”に関する改ざん、隠蔽といったいわゆる「インチキ」が新聞・テレビを賑わしている。当然このニュースは海外でも報道され、先人たちが血の滲む努力の末に築き上げた『ものづくり日本』『MADE IN JAPAN』のブランドに傷をつけてしまう有り様である。このような状況は早急に何らかの手立てを講じる必要がある。そこで、社会基盤の安全技術にかかわる有志が集い、『しっかり作って、きちんと調べる』をスローガンに、まずは、エンドユーザーの抱えるニーズと製造会社、販売会社、検査会社、大学等が保有しているシーズ及び新しく開発されるシーズをマッチングさせ、かつ技術の普及・定着を促進する環境整備の行える【技術の市場】の開設を目指し、一般社団法人 日本社会基盤安全技術振興協会の設立を発起する次第である。そして、ものづくりに安全・安心の文字を再びとり戻すことのできる技術を世に広める事で『ものづくり日本』『MADE IN JAPAN』の誇りの回復を目標に活動していきます。
事業内容
(1) 検査・計測技術に関する講習、セミナー、講演 会、展示会等の主催、協賛、後援などによる検査・計測技術の普及事業
(2) 新しい検査・計測技術の開拓、開発および改良に関する援助事業
(3) 国内、国外の検査・計測技術関連法人、機関、団体および公官庁相互の交流推進事業
(4) 検査・計測技術に関する技術者資格認証の実施及び普及事業
(5) 保有機器等によるレンタル並びに各種サービスの提供事業 
(6) その他当法人の目的を達成するために必要な事業
活動内容
リストの画像技術開拓
エンドユーザーの抱えるニーズと製造会社、販売会社、検査会社、大学等が保有しているシーズ及び新しく開発されるシーズをマッチングさせ、かつ技術の普及・定着を促進する環境整備の行える【技術の市場】の開設を目指し勉強会を開催します。

👈あんしん協主催 勉強会の様子