第7回 あんしん協勉強会

【テーマ】 構造物の非破壊診断技術の高度化に向けた研究開発のあり方

       ―SPring-8/SACLAの施設見学と施設有効活用の途を探る-

         主催 一般社団法人 日本社会基盤安全技術振興協会

         共催 国立研究開発法人 理化学研究所 放射光科学研究センター(RSC)

         後援 国立大学法人 京都大学 産官学連携本部

 開催日時   2021年10月20日(水) 12:30~16:30(受付開始12:00)

 会  場   国立研究開発法人理化学研究所 放射光科学研究センター

        兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1

 定  員   100名

【プログラム】

〈基調講演〉12:40~13:30

      「SPring-8/SACLAの社会インフラへの応用」

       理化学研究所 放射光科学研究センター センター長 石川哲也

      13:30~14:30

       SPring-8の施設見学(質疑応答含む)

〈招待講演〉14:45~15:15

      「高感度磁気非破壊試験による鋼構造物の健全度診断技術」

       岡山大学名誉教授 塚田啓二

〈一般講演〉15:15~15:45

      「超音波・電磁波アレイセンサーによるコンクリート・アスファルトの非破壊イメージング」

       愛媛大学教授   中畑和之

 *(一社)建設コンサルタンツ協会 CPD単位[3.5単位] プログラム番号 202107260008

 *参加費用 会員:¥2,000 非会員:¥5,000 学生:1,000

  参加申込 下記から参加申込書をダウンロードし、お申込みください。(定員になり次第締め切らせていただきます)

      お車でお越しの場合は入構手続きのため車両情報(番号・車種(色)が必要ですのでお申込時にお知らせください。

  プログラム   参加申込書(Googleフォーム) 参加申込書(FAX)